ごんどう整形外科 整形外科・リハビリテーション科・リウマチ科・脊椎脊髄疾患 ごんどう整形外科 土曜午後・日・祝日休診。木曜午後はセカンドオピニオン外来(予約制)
医院紹介 院長紹介 診療時間・アクセス お問合せ 個人情報保護方針
お悩み別症状一覧
診療科目
診療科目
整形外科
リウマチ科
リハビリテーション科
お悩み別症状一覧
腰の痛み
ひざの痛み
肩の痛み
ひじの痛み
スポーツ障害
その他
当院について
医院紹介
院長紹介
お問合せ
個人情報保護方針
初診の方 初診もすばやく受診!問診表をダウンロード


腰の痛み
筋膜性腰痛症 ・ 腰椎椎間板ヘルニア
変形性脊椎症 ・ 腰部 脊椎管狭窄症
腰椎分離症・腰椎すべり症・脊柱側弯症
腰の痛み
腰痛をきたす疾患はさまざまのものがあります。


一般に“ぎっくり腰”や“急性腰痛”といわれるものや、
慢性的に痛みが続く腰痛もあり、
その原因は筋肉、筋膜の炎症や椎間板由来のもの、
椎間関節由来のものなどいろいろあります。


また、腰椎が原因で殿部から大腿後面にかけての痛み
(坐骨神経痛)やしびれ大腿前面の痛み(大腿神経痛)
などのつらい症状が出てくることもあります。


これらの腰痛の原因を的確に診断し、それら腰痛に対して
適切な治療を行うことにより、症状の早期の改善が見られます。
また、腰痛の予防についても指導いたします。
主な病気と症状

腰椎椎間板ヘルニア
  腰椎椎間板ヘルニアとは?
腰痛や殿部の痛み、下肢のしびれ、疼痛(坐骨神経痛)があります。


腰椎間の軟骨である椎間板の髄核が脱出して、(この状態を“腰椎椎間板ヘルニア”と言います)
馬尾神経や腰部神経根を圧迫することにより症状が出現します。




治療方法
治療は安静、内服、コルセットによる固定、腰椎牽引、場合によりブロック注射などを行い
ヘルニアの症状を緩和、改善させます。




腰部脊柱管狭窄症
  腰部脊柱管狭窄症とは?
下肢の痛みやしびれが出現してきます。


椎間板の変性や腰椎の変形に伴い、腰椎部の脊柱管(硬膜管に包まれた
馬尾神経が通るところ)が狭くなり(これを、脊柱管狭窄と言います)、
下肢の痛み(坐骨神経痛)やしびれ、間歇性跛行(長い時間歩くと、
下肢の痛みやしびれがでて、休みながら歩くようになります
)が出現してきます。




治療方法
間歇性跛行は馬尾神経の血流不良が原因です。
内服(血流を改善させる薬)、ストレッチ、ブロック注射などにより症状の緩和、改善を図ります。




変形性脊椎症
  変形性脊椎症とは?
椎間板の変性(老化)に伴い、脊椎の配列が悪くなります
(腰椎後弯や変性側弯などの変形)。


背骨や腰が曲がったりバランスが悪くなったりして、
長時間立っていると腰痛がでて、立っていられなくなります。
高齢者が多いため、骨粗鬆症を合併しています。




治療方法
理学療法(器械を使ったリハビリ)、ストレッチ、筋力強化と併せて、骨粗鬆症の治療も行います。




筋筋膜性腰痛症
  筋筋膜性腰痛症とは?
急性腰痛の最も多い原因です。
運動で負担がかかったり、仕事で腰に負担がかかる姿勢(中腰姿勢など)を続けると
腰痛が起こることがあります。




治療方法
安静が必要です。
コルセットも有効ですが、腰椎牽引など理学療法で早期に回復します。


ただし、椎間板変性に伴う腰椎後弯や変形性脊椎症がある方は
ストレッチや筋力強化が必要になり、時間を要します。




腰椎椎間関節症
  腰椎椎間関節症とは?
腰椎後方左右にある椎間関節が原因の腰痛です。
運動中に急激に負担がかかったりすると椎間関節の炎症が起きて腰痛が出現します。




治療方法
急性腰痛、慢性腰痛の原因の一つです。
まず、安静が必要です。
コルセット、理学療法(腰椎牽引など)が中心となりますが、
症状によりブロック注射を行うこともあります。




腰椎分離症
  腰椎分離症とは?
腰椎椎弓根部の分離が原因で起こる腰痛です。
慢性腰痛の原因ともなりますが、かなりの激痛になることもあります。




治療方法
安静、コルセット、理学療法、筋力強化等を症状に合わせて行います。




腰椎すべり症
  腰椎すべり症とは?
分離症による分離すべり症と、椎間板変性による変性すべり症とがあります。
変性すべり症の場合は、脊柱管狭窄症をおこし、間歇性跛行や坐骨神経痛が
出現することがあります。




治療方法
脊柱管狭窄症と同様の治療を行います。




脊柱側弯症
  脊柱側弯症とは?
思春期の女子に発症する特発性脊柱側弯症
高齢者
に発症する変性側弯症があります。

特発性側弯症では腰痛を発症することは稀ですが、年齢、側弯の程度により
治療法は異なります。




治療方法
当院では、全脊椎が撮影可能なレントゲン装置があり、
側弯の状態を十分検討できます。


軽度の脊柱側弯は、経過観察をしていきますが、
側弯が進行してくると、装具療法が必要になります。
側弯度が50度を超えるようになると手術適応になります。


高齢者では、変性側弯症が見られることがあります。
これは、腰痛や坐骨神経痛の原因となります。
変形性脊椎症の一つであり、 これに準じた治療を行います。




アクセスマップ
診療時間
リハビリ機器 最新の機器で納得の治療
痛む場所からすぐ検索 お悩み別症状一覧
医院紹介
Copyright ©2010 Gondo Orthopedics Department. All Rights Reserved.