ごんどう整形外科 整形外科・リハビリテーション科・リウマチ科・脊椎脊髄疾患 ごんどう整形外科 土曜午後・日・祝日休診。木曜午後はセカンドオピニオン外来(予約制)
医院紹介 院長紹介 診療時間・アクセス お問合せ 個人情報保護方針
リウマチ科
診療科目
診療科目
整形外科
リウマチ科
リハビリテーション科
お悩み別症状一覧
腰の痛み
ひざの痛み
肩の痛み
ひじの痛み
スポーツ障害
その他
当院について
医院紹介
院長紹介
お問合せ
個人情報保護方針
初診の方 初診もすばやく受診!問診表をダウンロード


当クリニックの特徴

当クリニックは、関節リウマチの診断治療を行っております。
また、生物学的製剤エタネルセプト(エンブレル)による治療も行っております。




間接リウマチとは
関節リウマチの特徴的な症状は「関節の腫れ」です。
手首や手足の関節に起こりやすく、左右両側の関節にあらわれることが多いのが特徴です。


関節リウマチに特徴的な「腫れと痛み」は免疫機構に異常が生じ、その結果、関節に炎症が起こって生じるものです。


免疫機構とは、体内に侵入した最近やウィルスなどの外敵を攻撃・排除するシステムです。
これに何らかの原因で異常が生じ、自分の体の成分や組織を外敵と誤り、
攻撃・排除しようとし炎症が起きてしまいます。


これが関節に起こる病気が関節リウマチで、炎症により関節が破壊されます。


正常な間接・間接リウマチの間接



治療

薬物療法が中心となりますが、症状に合わせてリハビリテーション、手術療法も行われます。

薬物療法



生物学的製剤とは
最近のバイオテクノロジー技術を駆使して開発された新しい薬です。
関節リウマチの炎症や痛み、腫れや軟骨症などの関節破壊を引き起こす
原因物質を抑えることにより効果を発揮します。


日本では2種類、インフリキシマブ(レミケード)と、
エタネルセプト(エンブレル)が使われています。
どちらも注射薬でTNF(腫瘍壊死因子)を直接抑えます。


当院ではエタネルセプト(エンブレル)による治療も行っています。






アクセスマップ
診療時間
リハビリ機器 最新の機器で納得の治療
痛む場所からすぐ検索 お悩み別症状一覧
医院紹介
Copyright ©2010 Gondo Orthopedics Department. All Rights Reserved.